丸亀商工会議所
会議所の概要
 トップページ
  融資関係
  記帳・税務
  経営安定特別相談室
  労働保険事務代行
  定期相談日程
  JANコード
  貿易関係証明
  リサイクル
  電子認証
  小規模企業振興委員
  助成金







トップ > 経営相談 > 融資関係 > 借入限度額を判断する方法
融資関係

資金繰りのご相談は商工会議所経営指導員に…
 店舗の改装、売場の拡張、工場設備近代化、商品仕入などさまざまな経営改善、合理化等の意欲と計画をもちながら、肝心の資金調達難のため折角の計画を断念せざるを得ない場合が多くあります。このようなとき、丸亀商工会議所(商工相談所)へご相談ください。


1.借入限度額を判断する方法
 借り入れたお金は返済、それも利息をつけて返済しなければなりません。次のことを基本的に留意し、経営者として、日常の経理処理のなかでしっかりと頭に入れておくことが必要です。
月商から見た限度額をつかむ
支払利息の負担能力からみた借入れの限度額も考える
利益、売上高からみた借入れの限度額も把握
返済資源からみた借入れの限度額を計算

借入金の限度計算
この倍率が6倍…危険、3倍…要注意、1.5倍…良
借入金対
月売上高倍率
短期借入金+長期借入金+割引手形
平均月売上高

金利負担の程度計算
20%…不良、10%…要注意、5%…良
支払利息対
売上総利益率
(支払利息+割引料)−受取利息 ×100
売上総利益

Copyright(C) 2005- The Marugme Chamber of Commerce and Industry.All rights reserved.